読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワークショップ『割れた器を接着してみよう!』開催のお知らせ

イベント 金継

ワークショップ『割れた器を接着してみよう!』開催のお知らせ

 
先日よりご案内しております、相模湖の古家カフェ+ギャラリーたねまめさんでの展示期間中に行うワークショップのご案内です。

金継の重要な工程である器の「接着」を、自分で作った道具と材料を使って挑戦してみます。割れた器はご自分のものをお持ち頂いても構いませんし、会場でも古い器ですがご用意しております。(※有料300円~/1点)

ワークショップを通して、壊れたらすぐ捨てる「使い捨て」ではなく、
ものが壊れたら直して使うことの楽しさや大切さを見つめなおしてみませんか。
みなさまのご参加お待ちしております。
 
 
b0340858_15341075.jpg






 
 
 
【ワークショップ概要】
『割れた器を漆で接着してみよう』
日時
2016.10.22(土)14:00 – 16:00
定員 6名 <受付終了しました>
参加費用 2,500円(たねまめのお茶とお菓子付き)
対象年齢 中学生以上(※刃物を使います)
持ち物・エプロン(動きやすく汚れても良い服装でお越しください)
   ・ご自身の器を接着される方は割れた器
(※器ご持参は2点まで・パーツが沢山に割れていない物で、欠けなどの部分がないもの)
   ・器を持ち帰る用の段ボール・大きめのタッパー等
   ・軍手
注意点等
ご自身の器をご持参される場合は接着する器は怪我に気を付けながら、
きれいに洗剤等で洗ってきたうえでご持参ください。
割れた器がない方は会場でも古い器をご用意してます(300円~/1点)
ワークショップには本漆を使用しますので、かぶれる可能性があります。
気になる方は参加をお控えください。
尚、漆のかぶれ等に関しましては、医療保障等は負いかねますので、
あらかじめご了承の上、ご参加をご検討ください。

作業工程】
b0340858_15402476.jpg







 
 
 
工程①接着する器の点検
今一度器に深いヒビがないかなどチェックします。
また、漆がついたら取れなさそうな箇所があれば、汚れないように
養生の作業をします。
 

f:id:amano4103:20160926085254j:plain

工程②木のヘラづくり(糊を練るために必要です)
小刀を使ってヘラの先の方を削り、ヤスリがけをして整えます。
木はアテ(アスナロ)という木材のもので、輪島塗の素地や建築材にも
つかわれる丈夫なものです。


b0340858_15455062.jpg








工程③糊づくり
柔らかく煮たご飯を自分で作ったヘラでひたすら
ご飯の粒がなくなるまで練って、糊を作ります。
ご飯の粒が残っていると、接着するときにずれる原因になります。

b0340858_15481619.jpg









工程④糊漆づくり
糊と漆を混ぜて、糊漆を作ります。

b0340858_15494959.jpg









工程⑤接着
断面に糊漆を付けて、割れた器を接着していきます。
糊漆をつけたら少し時間を置いて、接着するタイミングを見て接着します。

b0340858_15504464.jpg

 














工程⑥接着したところがずれていないか調整し、動かないように固定する
接着した部分にずれがないかチェックし、ずれがなくなったらマスキングテープで固定します。


その後、固定したまま動かさないように、自宅で1か月くらい乾燥させてから、
はみ出た漆をカッター等で取り除いてください。
その後使っても大丈夫ですが、金継をされたことがあるという方は、
続きの作業をしてご自身で仕上げるのも良いと思います。

尚、接着した器をそのまま私に預けていただき、
最後まで金継の仕上げをさせていただくことも可能です。
ご希望の方は当日ご相談ください。

【お申込み】 
たねまめ店頭、電話☎042-684-9637
メールcafetanemame@gmail.com にて受付
(メールにはお名前・人数・当日のご連絡先をご明記ください)  

【お問い合わせ】
古家カフェ+ギャラリー たねまめ

神奈川県相模原市緑区若柳1170
tel.042-684-9637
http://tanemame.bitter.jp/

広告を非表示にする
金継のご依頼はa.mano4103@gmail.com、もしくはうつわ ももふくまで