ワークショップ『割れた器を接着してみよう!』開催のお知らせ

ワークショップ『割れた器を接着してみよう!』開催のお知らせ 先日よりご案内しております、相模湖の古家カフェ+ギャラリーたねまめさんでの展示期間中に行うワークショップのご案内です。 金継の重要な工程である器の「接着」を、自分で作った道具と材料を…

イベントのご案内_10/1(土)たねはれマルシェ@古家カフェ+ギャラリーたねまめ(10月のプレ展示になります)

こんにちは。今日は朝から雨が降り、空がどんよりしていますね。 昨日ご案内した個展の開催の1週間前にも、たねまめさんで素敵なイベントがありますので、ご案内です。 昨年もこの時期に開店1周年記念でたねまめさんでイベントをされていましたが、今年から…

個展のお知らせ_古家カフェ+ギャラリー たねまめさんにて

突然ですが、来る10月、ご縁があって地元にほど近い相模湖の古家ギャラリー+カフェ たねまめさんにて展示をさせていただくことになりました。 これまで金継をした器の展示と受付、ならびにちょこっと漆の小物なども販売予定です。(金継をした器はお客様から…

てんやわんや。

おはようございます。またちょっとブログをお休みしてしまいました。 このところ、なんだか台風が次から次へと現れ、外へ出るのが憂鬱になってしまいますね。雨もスコールみたいな通り雨が多くなっていて、日本も少しづつ熱帯になりつつあるのかな…と感じま…

食べ物から感じる、秋の気配。

こんにちは。このところ、晴れていたと思えば、スコールのような通り雨が降ったり、不安定な天気が続いていますね。気温は高くなくても、湿気があって蒸し蒸しして、 自分の中の不快指数のメーターがかなり高くなっております。 (漆は乾くのに湿気が70%以上…

今日は山の日。

こんにちは。今日は新しく制定された祝日、「山の日」ですね。 正直、山の日が制定されたときは「く〇暑い8月に山の日かい…焦げるよ…」と思ったりもしましたが(笑)、今日は昨日の雨のせいか、比較的涼しいので山に登った方も結構いらっしゃるかもしれません…

お預かりした器のご紹介_金継

こんにちは。今朝は夜型の私にしては珍しく、朝5時前から作業をしていました。 夜中の物音一つしないシーンとした静けさもいいですが、朝の静けさの方が、体への負担が少なく、健康的で良いかもなあ…と朝型の生活サイクルに切り替えようかな、とあらためて思…

金継教室の補講をさせていただきました

こんにちは。毎日溶けてしまいそうなくらい暑いですね。 私は冬生まれだからなのか、暑いのがとても苦手なので、手ぬぐいの中に保冷剤を入れて首に巻いて、どうにか作業をしています。(←これ、夜暑くて寝苦しいときにやると、よく眠れておすすめです) 本日は…

夏の始まり

こんにちは。ようやく梅雨が明けましたね。 セミの声も日に日に数を増して多く聞こえるようになり、いよいよ夏も本番だなあと感じます。今日はお祭りのお話を。 私の地元は小さい町ですが、夏は昔から神社のお祭りがあり、日を分けてお神輿と山車が出て、定…

夏の漆仕事の困りごと_その1・続

こんばんは。先のブログで、今時分の暑い時期に起こりがちな、漆を塗って出来る「縮み」の話を書きました。今回は実際漆の縮みが出来たらどうしたら良いか、という話をさせていただきます。 漆の「縮み」は、先のブログと重複してしまいますが、表面が乾いて…

夏の漆仕事の困りごと_その1

こんにちは。いろいろとバタバタしていたら、またもや時が流れてしまいました。 まだ梅雨が明けきらず、雨だったり晴れだったりと不安定な天気が続いていますね。 (漆には暑さは大敵なので、個人的には雨の日は涼しくてうれしかったりはするのですが…) 漆風…

金継教室_第二期・四回目が開催されました

本日は町田のうつわももふくさんでの金継教室、4回目でした。 (前回、三回目の記事を書きそびれたまま四回目になってしまいました…汗) 今日は筆に黒漆をつけて描く作業のデビュー。 筆を動かす練習として、アクリル板に各々選んだ絵柄を描いていただきました…

旅のはなしー岐阜&愛知編

ご無沙汰しております。 ブログを書いていないうちに、梅雨が来て、もう夏が目の前に来ています。 さて、先日とある調べもの&探しものをしたくて、「これは現地に行った方が早いのでは…?」と思い、弾丸で岐阜県多治見市と愛知県常滑市に行ってまいりました…

材料についてのはなし_粉もの編

本日は材料についてのお話を。 金継をする時、漆以外にも色んな材料を使いますが、結構粉ものが多いです。 例えば、錆などに使う砥の粉や地の粉だったり、色漆を作る顔料だったり。あとは私は使わないのですが、接着の際に麦漆を使う方は、小麦粉を使います…

金継教室_第二期・二回目が開催されました

本日、町田のうつわももふくさんでの金継教室の第二期・二回目が開催されました。 雨とともに激しく風が吹き、嵐のような天気の中、ご参加下さった皆様、本当にありがとうございました(帰るころには雨だけは止んでいましたが…) 今日の課題は欠けているとこ…

旅のはなし。

ただいまゴールデンウィーク真っ只中。最大10連休もお休みされる方もいらっしゃるそうなので、国内や海外へ旅行されている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。 私も昨年4泊5日で東北横断旅行へ行きましたが、今年はやらなければならない作業がわん…

お預かりした器のご紹介_銀継

本日もお預かりしておりました器のご紹介です。 とても爽やかな青いお色のお皿を、サイズ違いで3点お預かりしました。 いずれもお皿の縁が欠けており、欠けた部分をコクソ(漆で作ったパテのようなもの)で補てんして、最終的に銀粉を蒔いて、磨いて仕上げま…

お預かりした器のご紹介_金継

先日仕上がった、預かりものの器のご紹介です。 小さめの小鉢の縁が浅めに大きく裏も表も欠けていたところを、金継で仕上げました。 大きめに欠けていたので、コクソ(漆で作ったパテのようなもの)で埋めて行くのに時間がかかってしまいました。金は磨いて…

作業をしながら。

突然ですが、皆さんは何か作業をしているとき何も音がない、無音の方が良い人ですか?それとも、何か音楽等かかっていた方が良い人ですか? 私は何か音がないと落ち着かず、無音の「シーン…」という状態が逆に気になってしまうので、部屋で何か作業をすると…

金継教室_第二期・一回目が開催されました

本日、町田のうつわももふくさんでの金継教室の第二期・一回目が開催されました。 第二期は前回と異なり、全員女性で女子会のような雰囲気でした。金継のワークショップに参加されたことがある方が今回もいらっしゃいましたが、ワークショップで教えてもらっ…

新緑の季節…

もう4月も半ばにさしかかり大分暖かくなってきて、随分と春めいてきましたね。 お花見もそろそろ終盤になり、新緑の時期へと移り変わっていくこの時期。 桜は勿論きれいなのですが、個人的にはこれからの新緑の季節がとても好きです。 私の住む町を囲む山と…

金継の仕上げいろいろの参考例_その3

金継の仕上げのいろいろの続きその3、今回は漆継(うるしつぎ)のお話しです。 仕上げに金や銀を蒔かずに、漆を塗った状態で終わらせる方法です。 金継した器は金や銀を蒔かなくても、特に問題はありません。普通に使えます。 尚、漆にはいろいろな色があり、…

金継の仕上げいろいろの参考例_その2

ここ最近、連続して金継以外の話が続いてしまいましたが、久々金継のお話を。 今回は以前も少しお話しした金継のいろいろな仕上げのお話の続きです。 こちらの写真の器の仕上げは、本漆と銀粉で仕上げた「銀継(ぎんつぎ)」です。 工程は金継と同じく、銀粉…

急須でお茶を入れられない子がいるのを知っていますか?

先日とあるお茶屋さんの方と話していた中で、話題になったことがありました。それは「今のお子さんに急須でお茶を入れられない子がいる」ということ。なぜそのようなことが起きるか、想像がつきますでしょうか。 それは、親が使っていない=家にないからです…

日本のものづくりを次世代につなげるために大切なこと

このところ、日本のものづくりが特集されているテレビ番組や雑誌の特集などよく見かけるようになりました。往々にして緻密で丁寧な仕事の数々。メディアで取り上げられ、その影響でもてはやされるものもある反面、現実はとても厳しい産業も多く、後継者がい…

お味噌汁、お椀で飲んでいますか?

今回は金継ぎの話ではなく、漆器のお話を。 先日、会話をしていた中で話題になったことで驚いたことがありました。 お味噌汁をお椀ではなく、陶器の器で飲んでいる人が結構いるという話。私は漆のお椀でないと、なんとなくお味噌汁がおいしいと思えないので…

<金継教室のご案内@うつわ ももふく>

<◎おかげさまで満席になりました。キャンセル待ち受け付けております(3/30)> 以前より金継教室を開催させて頂いております、町田のうつわももふくさんにて、新しい金継教室のご案内です。以前のクラスが全6回終了したため、あらたな第2期生の募集になりま…

金継の仕上げいろいろの参考例_その1

何個か前のブログで、金継はいろいろな仕上げがあることを少し説明させていただきました。Instagramにはちょこちょこ以前より載せてはいますが、あらためて…。 こちらの写真は読んで字のごとく、本漆と金粉で仕上げた「金継(きんつぎ)」です。 金粉を蒔い…

金継を依頼する際の注意点…続き

金継(きんつぎ)を依頼する際に気を付けていただきたいことを、金継をまだよく分からない方への注意喚起として、前回書かせていただきました。 今回は実際に私が受けた直しの器で起きたことを少し書かせていただきます。 以前お預かりした器で、既に施されて…

金継を依頼するときの注意点

ここ数年、金継を依頼される方が増え需要があるからか、金継をやっていると看板を上げて、金継をメインにお仕事されている方を多く見かけるようになりました。数年前までは見向きもされなかったのに、本当に不思議だな…と感じています。 ブログを今読んでく…

金継のご依頼はa.mano4103@gmail.com、もしくはうつわ ももふくまで